SEOって何?どうすればいいの?

ブログ

ブログを始めて記事を書いても誰にも読まれないし収益なんて1円もない。1000円以上稼げない。どうすればいいか分からなく、ただ、検索してもSEO対策をとしか出てこない。SEOって何?これも分からない。何のために記事を書くかですね。

スポンサーリンク

SEOとは

検索エンジン最適化とです。

読者が検索窓で単語など入力し検索するとそのニーズにあったサイト等を表示する。

ニーズにあったサイト等が上位表示されていると言うことです。

簡単にいうと自分のサイトが読者のニーズに合っているのであれば上位表示されるという事です。

ただ、しっかりと理解しておかないと上位表示は難しいです。

スポンサーリンク

では、どうすれば良いのか?

Googleの事を理解する事が一番の近道です。

何故かというと日本では9割以上がGoogleの検索エンジンだそうです。

そして、Googleが掲げる10の事実を理解する。

Googleが基準としていると言われているのが

権威性

専門性

信頼性の3つです。

これらを意識して記事を書いて行くことが良いでしょう。そうすれば自ずと読者のニーズを考えて記事を書いて行けるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

対策として

・メインのキーワード選定

何の記事を書くか何が読まれるか考え決める。

・サブキーワードを決める

ラッコキーワードやGoogleやYahoo!の検索窓にキーワードを入れる。

単品で入力すると予測で後ろに付いてくるのが出てくると思います。それも参考にする。

・キーワードプランナーの使用

ボリュウームの確認。

ラッコキーワード|基本無料のキーワード分析ツール(サジェスト・共起語・月間検索数など)
無料でサクサク使えるキーワードリサーチツール。世の中のニーズをサクッと把握!コンテンツ制作/製品開発の市場ニーズのリサーチにお役立ていただけます。SEOを意識した記事コンテンツの制作補助機能も充実!
スポンサーリンク

タイトル

キーワード+サブキーワードを入れ分かりやすく表記

キーワードは左に寄せる。

文字数は32文字以内にする、そうしないとはみ出た部分が表示されなくなる。

数字を入れる。

答えは書かない。

スポンサーリンク

リード文

記事内容の説明とキーワード入れて書く。

最後まで読んでもらうように意識してかくようにする。

スポンサーリンク

見出し

キーワード+サブキーワードで書く

スポンサーリンク

質の高いコンテンツ

オリジナリティがあるコンテンツ

読者ファースト、要するに価値のある情報を書く

被リンクをする。内部リンク、外部リンクともに大事

スマートフォンを意識したコンテンツ

最近はスマートフォンから見る方も増えているので意識していく。

スポンサーリンク

検索エンジンにしっかりと伝えられるようにする

キーワードは単品だけではなく 複数(3-4個)

例えば 検索窓にブログと入力したら他にもブログの後に続いて単語がくっついているものまで考える。

複数、キーワードとして入れるのが良いかもしれません。

検索窓、Yahoo!知恵袋やサジェストキーワードからヒントを得る

スポンサーリンク

ライバル調査

ライバルというか自分が狙っているキーワード(単語で)がどのくらいの数があるか調べます。そして、ライバルが書いていない事を見つけて行くことも大事ですね。

スポンサーリンク

まとめ

Googleが言われている事を理解する事、実行する事が一番の近道だと思います。キーワード選定もツールをしっかりと活用していくのも必要ですね。そして、読者の方が何を求めているか?を知る事。タイトルと記事内容がマッチしているか?そして、解決出来ているか?だと思います。あとは実践しどうだったか検証、分析をして行き良かったらそれを踏まえ進めて行きダメだったら修正して行きの繰り返しだと思います。読者目線で書くことです。自分に置き換えて見てください。検索する時ってどんな時ですか?それを踏まえて考えれば自ずと答えはでるかと思います。また、SEO対策と言われているものはまだまだあります。少しずつ覚え慣れて行きましょう。そして、SEOは時間が掛かると言われています。

ConoHa WING

タイトルとURLをコピーしました