記事作成で必ず心がける事気を付ける事

ブログ

記事を読んでもらう為に。

上位表示される為に。どうして行けばいいの?

SEO対策としてGoogleの考えを理解する事です。

スポンサーリンク

読者の為の記事にする事

その為にタイトル(キーワード)に対しての悩みや問題解決の記事にする。

・詰め込み過ぎず。

・楽しく読める。

・好奇心をあおる

・感情を刺激する。

スポンサーリンク

商品紹介の場合

基本商品説明は要らない、正直、商品の事は読者本人の方が詳しいはずです。何故ならその商品や物、お店等はすでに気になっているから内容はリサーチ済みです。

なぜネット検索するかは、商品説明・内容よりもレビューが気になるからです。実際、購入してどうだったのか?使ってみてどうだったのか?ではないでしょうか?

サービスをさがす

スポンサーリンク

自分に置き換えてみて下さい。

気になっている所は基本知っているか、リサーチ済みが多い筈です。

気になっているものが買ってみてどうなのか?使ってみてどうなのか?ではないでしょうか?

なので後は結論とレビューのみですね。

スポンサーリンク

SEO対策、SEOキーワード

キーワードはメイン1個だけだと難しいのと競合が多い。

サブキーワードとして2-3個入れて行っても良いかもしれません。

あとは競合が少ない所を狙っていくことも大事です。

ラッコキーワード|基本無料のキーワード分析ツール(サジェスト・共起語・月間検索数など)
無料でサクサク使えるキーワードリサーチツール。世の中のニーズをサクッと把握!コンテンツ制作/製品開発の市場ニーズのリサーチにお役立ていただけます。SEOを意識した記事コンテンツの制作補助機能も充実!
スポンサーリンク

リード文

記事の冒頭部分にくる文章

挨拶、記事の内容、問題提起、記事の内容の前提等。ここはしっかりと短文で書くことが大事。ここで、記事本文を読んでもらえるか決まる。

スポンサーリンク

ペルソナで書く

ターゲットを具体的に細かく設定していく。

その設定した人物像に買って貰うように記事を書いていく。

スポンサーリンク

文章構成はどうすればいいの?

例えば

問題点を提示

指摘する

解決策

対象や機関を限定

具体的行動へ呼びかけるの法則

または

結果

理由

事例(理由、事例)

結果の法則

の構成が多いですね。私も調べている中で始めに結果を書き理由、経験を書いて行くと分かりやすくなる。他に良い方法があるのであればそちらの方でして下さいね。

スポンサーリンク

記事を書くときの注意点

読者ファーストで書く事。

自分だったらどうする?

ペルソナをして書く事。

文章構成は色々ありますので合うものを活用する。

自分事ばかりにならないようにする。

スポンサーリンク

まとめ

記事を読んで貰うためには読者の事を第一に考える事。

キーワード選定を行う。

タイトルに沿った記事を書き、解決していく。

1記事1解決。

最後まで読んでもらえるようにリード文をしっかりと書く。

文章構成は法則の活用をしていき書いていってください。(文書校正の法則は沢山あります。)自分の事は体験談位にする事。あくまでも読者ファーストで読者の為に書いていきましょう。

ConoHa WING

タイトルとURLをコピーしました